万が一旦那にバレたら…明確な証拠を削除しましょう

MENU

旦那にバレてしまったときの対処法

あまり考えたくないものですが、人妻女性との不倫が旦那にバレてしまうこともあるでしょう。
場合によっては旦那があなたに対して連絡を取ってくるケースもあります。
怒鳴られるぐらいなら良いですが、中には数百万の慰謝料を請求されてパニックになる男性も居ます。

 

 

まずは冷静になり事実を確認しましょう。

旦那から慰謝料を請求された時、それに応じる必要があるのかどうかです。
これは人妻の女性に旦那が居ると知っているのに関係を持っていたなら、支払う必要が出てきます。
この慰謝料は相手の旦那が受けた精神的苦痛が主な名目です。
慰謝料の金額は100万~200万ぐらいになりますが、弁護士費用などが発生するとさらに多くなります。

ですが、人妻だと知っていても慰謝料が認めらないケースも存在します。

それは人妻の女性と旦那の結婚生活が破綻している場合です。
例えば、女性が離婚届を手渡して居たり、長期間の別居状態になっている場合なのです。
旦那が働かない、暴力をふるってくる、そのような状態なら慰謝料は支払う必要がありません。

 

次に、そもそも慰謝料を払うには明確な証拠が無くてはならないのです。

メールでそれらしい単語があっても、実際に行為に及んだかどうかは分かりません。
旦那がどんなに事実を疑おうと、確実な証拠が無い限り大丈夫です。

では、どのようなものが証拠になるのか?

人妻とあなたが行為に及んでいる写真や動画を旦那が手に入れている場合、
これは不倫の証拠として扱われので慰謝料は支払わなくてはなりません。
他にも、ラブホテルに入る写真、そして出てくる写真なども証拠として扱われます。
メールでラブホテルへ行こうと約束するのは証拠としては不十分と判断されます。
本当に行ったかどうか確実な証拠が無いからです。

 

 

まとめ

不倫がバレたら相手から連絡が来るのを待ちましょう
もし慰謝料を請求されたら、結婚生活が破綻しているかどうかを確認するのが良いです。

 

そして、破綻している場合は慰謝料の支払いは不要になり、破綻していなかった場合は証拠を出すように言いましょう。証拠が出てこないなら慰謝料は払わなくて大丈夫です。

 

めんどうなことになるのは間違いないので、絶対にバレないようにしましょう。
万が一の場合は無料で相談できる弁護士に相談すると良いです。

 

このような事がないようにいい関係を続けるためのコツをチェックしておきましょう!