人妻との交際・不倫がバレたときの最大のデメリット慰謝料を金額別に説明しました。

MENU

不倫の代償

不倫がバレた時の最大のデメリットとはなんでしょう。

 

例えば人妻と不倫した際の男性側のデメリットとしては、会社や家族にバレたときに蔑まれ信用を失い、計り知れない社会的制裁を受けることになります。

 

そしてその他に目に見える大きなダメージとしては、人妻の夫からの慰謝料の請求です。

 

これは民法770条に定められている不貞行為に準拠するもので、不倫をした伴侶と不倫相手に対して慰謝料を請求するこができます。

 

不倫をされたことに対する婚姻者の苦痛というものは、人により計り知れないものがありますが、この慰謝料に関しては相場があります。

 

主に不倫をしたことに対する慰謝料に関しては3つのステージがあります。
200万円以上

不倫が原因で離婚してしまったという場合には、その被害を受けた伴侶はもっと深く傷つくことになります。社会的にも精神的にもダメージが大きいので数百万円単位の額を請求することができます。

 

100万円~200万円

不倫が原因で別居に至ってしまったなど婚姻関係に重大な亀裂が生じた場合は、100万円以上の額が慰謝料として請求される場合があります。

 

50万円~90万円

不倫が発覚したあとにそれを解消して別居も離婚もせずに婚姻関係を継続する場合には、別居や離婚に至ったケースに比べてやや少額の請求に留まっています。

 

このように不倫をしてしまうと数百万円単位の慰謝料を請求されるようになります。
また慰謝料の相場の上限は300万円程度のように考えられがちですが、過去にもっと高額な慰謝料が請求されたケースもあります。

 

慰謝料の増減にはさまざまな事情が加味されるため、自分が行っている不倫のケースをよく把握しておくことが大切です。

 

例えば、婚姻期間の長さは慰謝料を増額させる要因になり、不倫期間の長さも慰謝料が多くなる要因です。またセックスレスなど婚姻者に不倫を誘発させる状況を作りだす行為は慰謝料の減額の要因になります。